土地を売却する際の不動産会社の選び方

土地を売却したいけれども、どこの不動産屋さんにお願いしたらよいかわからないと迷われている方も多いと思います。そこで、元不動産会社の従業員が、不動産会社の選び方をお教えします。
まず、確認していただきたい点が2点あります。
1点目は、その不動産会社が良心的かどうかです。不動産会社は、対応がいい加減な会社としっかりしている会社の差がかなりあります。権利関係などでもめる場合もあります。ですので、対応のしっかりしている会社を選ばれることをお勧めします
2点目は、媒介の契約方法です。媒介というのは、聞きなれない方も多いと思いますが、間に入って仲を取り持つという意味です。
媒介契約には、「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」という形態があります。「一般」では、他の不動産業者にも紹介をお願いできます。「専任」は、他の不動産業者に紹介はお願いできませんが、自分の知り合いなどに売却するのは可能です。「専属専任媒介」は、他の不動産業者はもちろん、自分の知り合いに売却も不可です。「専属専任媒介」の場合、自分の知り合いに売る場合でも、契約した業者に手数料を支払わなければなりません。大手では、「専属専任媒介」契約を結ぶように言ってこられる場合も多々ありますが、私は基本的にはおすすめしません。ただし、話を聞いたうえでしっかりとしている会社であった場合に限り、専属専任媒介でもよいと思います。
土地売却する際に、不動産会社ともめることも少なくありません。不動産会社を選ぶ際には注意して会社を選ぶように心がけることをお勧めします。